人見知りだけどぼっちは嫌!人見知りの友達の作り方とは?

人見知りだけどぼっちは嫌!人見知りの友達の作り方とは?

人見知りだけどぼっちは嫌!人見知りの友達の作り方とは?

 

 

社会人でも学生でも人見知りの人は多くいます。
人見知りではなくても、中々知らない人に声をかけて友情関係を築くのは簡単ではありません。
ここで、問題になるのは人見知りだから「ぼっちでもいいや」と考えるのか、「ぼっちはいやだ!」と強く思うかです。

 

頭から諦めて受動的に誰かが近寄ってくれることを期待していても友達関係は築けません。人見知りだけど、友達の作り方を学んで且つ実践し、有意義な人生を送ることができるかは他人ではなく、あなた自身にかかっているのです。

 

人とつながれば、世界は広がりますし、自分自身も積極的になれます。
利害関係にも大いに関係してきます。
「ぼっち」でいると、自然と心も沈み、ただでさえ人を寄せ付けないのに、更に他者と疎遠になりがちです。

 

何も、いっぺんに沢山の友達を作りましょうということではないのです。
1人でも良いので親友と呼べる人を作れば、輪は自然と広がっていくものです。
無理をせずに階段を一歩一歩登るように人見知りを克服するのです。
それが、人見知りの人の友達の作り方として最も有効な手段と言えます。

 

 

 

・人見知りの原因は自分自身にあると認識しよう

 

人見知りだけどぼっちは嫌!人見知りの友達の作り方とは?

 

人見知りと一口に言いますが、対人恐怖症や、自閉症などの明らかな精神疾患ではない限り、その原因の多くは外部的要素ではなく、あなたの心の内にあるのです。
あまりにも、人に良く思われたい、変な人だと思われたくないというプライドや、自惚れ、警戒心が強すぎるのです。

 

どんなことにも共通しますが、他者を変えることは困難ですが、自分が変わることは簡単なことなのです。
人見知りを治すのではなくて、プライドや自惚れ、警戒心を解いてあげれば、自然と人見知りの度合いも低くなるのです。
自分を大切にするあまりにあなたは人見知りになっているのです。

 

「変な人」、「おかしな人」と思われても、そんなことは最初だけで、あなたにプライドを持つだけの能力があるなら、他者のあなたへの見方はすぐに変わります。
しかし、とっかかりは「変な人」、「おかしな人」と軽いイメージでいる方が人は寄りつきやすいものです。

 

第一、「ぼっち」でいることの方が、むしろ自尊心は傷付くのではないでしょうか。
しかも、初めてに近いコミュニティで、友達を作ろうと積極的に動いても、多くの人が同じことを考えているので、余程の事がない限り、無視をされたり、嫌がられることはないでしょう。

 

やはり、必要以上に不要なことを考えて壁を作ってしまうのが、人見知りの原因と言えるのです。その壁を自分の意志で乗り越えるか、壊すかしない限り、人見知りを治すことはできません。必要以上にネガティブになる必要はありませんが、人見知りは自分の中から湧き出てくるもので、それは先天的なものではなく、後天的なものであることは知っておきましょう。

 

後天的なものであれば、考え方1つで治すことはいくらでもできるのです。
まずは、良く見られたい、スゴイ人間に見られたい、恥をかきたくない、バカにされたくない、と言ったネガティブな思考を消し去り、プライドや自惚れ、警戒心を持たないようにしましょう。

 

そもそも、友達と言うのは色々な面を見せることが出来てこそ友達なのですから。

 

 

 

・挨拶と質問が大切

 

人見知りだけどぼっちは嫌!人見知りの友達の作り方とは?

 

人見知りの人がいきなりガツガツ話しかけることは困難でしょう。
しかし、自分が忘れられた存在になることは避ける必要があります。
そこで、思いっきりハードルを下げて、挨拶は必ずするようにしましょう。
挨拶は意外に効果があり、日々忘れずに声をかけることによって相手の記憶にシッカリあなたという人間がインプットされます。

 

挨拶の際はできる限りの笑顔も忘れずいましょう。
相手が積極的なタイプだった場合、それだけでも何度目かの挨拶をした時に向こうから話しかけてくるでしょう。

 

もし、話しかけてこなくても、ある程度挨拶を交わしたあとに自分から話しかけましょう。
多くを語る必要はありません。
問題はタイミングです。
例えば、お昼時に「ここら辺のこと、あまり知らないんだけど美味しいお店とか知りませんか?」と短い質問で良いのです。

 

上手くいけば、質問の答えだけではなく、「じゃあ、一緒に行く?」となる可能性も充分考えられます。もし、そうなった場合でも基本的に会話は質問ばかりでいいのです。男女問わず、自分語りが好きな人は多いものです。質問さえしておけばベラベラ自分のことを延々と話してくれるので、それほど会話には困らないでしょう。

 

一通り、自分語りをさせておけば相手は充分満足するはずです。これで友情成立です。人見知りの人の友達の作り方としては大成功と言えます。

 

 

 

・人間観察をして効率的に

 

人見知りだけどぼっちは嫌!人見知りの友達の作り方とは?

 

誰でも彼にでも話しかけたり、接近していっても変な奴と思われてしまう可能性は大です。
その為、普段からしっかり人間観察を行っておきましょう。
既に大きなグループに入ろうとするのは、人見知りである人にとってはハードルが高すぎます。

 

だからと言って、同じような人見知りの人を狙っても、キッカケを作るのも困難ですし、会話が続かず、結局疎遠になっていきます。人見知りの人の友達の作り方としては、しっかり人間観察を行って、中小規模で世話焼きでおしゃべりのリーダー的存在がいるグループが狙い目なのです。

 

グループの中で誰がリーダー的存在であるのかを見極めることも大事です。
いきなり頂上をターゲットにするのが、人見知りの人にとっては少ない回数でグループ入りでき、友達ができるからです。

 

ただ、グループもできていない初期のコミュニティでは、同じ人見知りの人を狙うのが適当でしょう。次々人見知りの人を見つけては人見知りの輪を作るのも1つの手です。
人見知りの人は、基本的に受動的で相手から接触されることを待っています。
その心理を判るのも、自分自身が人見知りであるからこそで、人見知りの人がどうしたら心を開くかあなた自身が一番理解しているはずです。

 

 

・身だしなみに気をつけよう

 

人見知りだけどぼっちは嫌!人見知りの友達の作り方とは?

 

流行ものやブランド品で身をかためることは好ましくありません。
ですが、清潔でファッショナブルなイメージは大切です。
流行も1つくらいは取り入れて、ブランドも1品くらいは着けておくといいでしょう。

 

人見知りだからと言って、暗い感じでどんなファッションでもいいやと考えてしまうと、周囲からも何となく話しかけづらいイメージになりますし、違う世界に住む人とレッテルを貼られてしまいます。だからと言って、自分らしさを無くすほどブランドや流行で身を固めることは逆効果になります。

 

上手に自分らしさと流行を融合させながら、ファッションにも興味があるというイメージを周囲に植え付けるのは理想的と言えます。
人見知りの人は、何かと自分からは話しかけることが難しいので、相手から話をふりやすいことはできる限り行うことが大事です。

 

男女問わず、ファッションや流行については話しやすい材料と言えます。
身に着けるものに限らず、話題になりやすいものを持って歩くなど、自然と相手からの話を引き出しやすいものもベストです。
自慢げにしていると、むしろ反感をかいますので、できる限り自然に身に着けたり、持ち歩くことが理想的です。

 

 

 

・自分1人でもエンジョイできることを実行する

 

人見知りだけどぼっちは嫌!人見知りの友達の作り方とは?

 

人見知りだからといって悪いことではありませんし、必ずしも誰か他人を伴わなければ楽しくないということもありません。
普通のコミュニケーション能力があるなら、学校や会社でも特別友達を作らなくても困ることはありません。

 

とは言っても、友達は欲しいもの。
しかし、大事なことは誰かと何かをするから楽しいのではなく、自分1人でも楽しめることを探して実行することです。
まずは、自分1人だけでも生活を充実させなければ何の意味もありません。

 

例え、1人でも楽しく充実した生活を送っていれば、何よりあなたが輝き、他者からまぶしく見えるはずです。
そういう人を、人は放っておけません。
自分自身が、1人であっても人生をエンジョイすること、他者に依存しないこと、実はそれこそが人見知りを治し、且つ周囲に人が寄ってくる最大の方法なのです。

 

 

 

・まとめ

 

人見知りであっても何も恥じることはありません。
人見知りは警戒心が強かったり、自尊心が強い故に起きるもので、病気というわけではないのです。
また、人見知りだからと言ってコミュニケーション能力がないということもなく、コミュ障とも言えません。
人見知りを改善するには、結局はあなたの心次第なのです。

 

誰にでも、どんなことにでも言えるのですが、「それでいいや」、「別にいいや」と思う心こそが色々な弊害を生むのです。

 

 

人見知りだけどぼっちは嫌!人見知りの友達の作り方とは?

 

 

 

 

 

 

孤独にならないための友達の作り方のレビュー