サークルで友達を作りたいけどどうしたら・・・。誰でもできる友達の作り方

サークルで友達を作りたいけどどうしたら・・・。誰でもできる友達の作り方

サークルに入れば大丈夫?サークルでの友達の作り方

 

 

友達を作るためには、多くの人と出会うことがとても重要です。
皆が友達を作りたいと思いながらも、常に受動的にこもっているだけで、結局積極的に動こうとはしません。
確かに、日々やるべきことが多くあり、動きたくても自由な時間や、人が多くいる場所へ行くことが困難であるのは確かです。

 

4月や5月は、正に新しい場所での出発です。
これまでいたところとは違い、知り合いは全くいない可能性も非常に高いと言えます。
大学進学、就職など、全く環境が変わります。
住む場所すら変わってしまうことも多くあります。
大学などは特にこれまでの学校と違い、明確にクラス分けなどがあるわけではないので、もしその気がなければ1人も知り合いにならずとも卒業できます。
実際にそういう人もいます。

 

しかし、大学にはサークルというものがあります。
サークルは部活に近いものがあるので、趣味嗜好などが近い人と知り合うチャンスは非常に多いと言えます。
多くの人が、中学、高校の友達よりも大学で作った友達の方が一生ものである場合があると言います。

 

そういう意味でも、ぜひ大学に入ったらサークルを大いに利用して友達を作りたいものです。
サークルに入らなければ、受講したり、専攻するものも違えば、受講時間なども違うために顔見知りにさえなれない可能性もあります。
高校生までは、朝から夕方までずっと同じ面子で時間を過ごしていたので、友達も作りやすかったでしょう。
同じクラスと言う共同感も、友達になるには便利な感情です。

 

それが、大学や職場では中々難しいことなのです。
そこで重要になるのが、サークルなどの集まりです。
職場には余程のことがない限り、サークル活動までしているところは少ないですが、大学は違います。
そこで、今回はサークルでの友達の作り方について解説していきます。

 

 

 

・まずは自分が心から好きなところへ所属する

 

サークルで友達を作りたいけどどうしたら・・・。誰でもできる友達の作り方

 

友達を作りたいと焦るばっかりに、自分が好きでもない人数の多いサークルに入ろうという人がいますが、それはNGです。
やはり、サークルに所属すれば、そのサークルの活動の内容について質問されることも多いでしょうから、そういう時に全く答えられないようでは不信感を持たれます。

 

自分の趣味嗜好に合ったサークルに入れば、話も弾むでしょうし、自分自身が楽しめます。
友達の作り方としてサークルに入るのは構いませんが、まずは自分が楽しんでワクワクできるようなサークルに参加することの方が数段重要なのです。
自分が楽しめないのに、自分と接する人が楽しめるわけがありません。

 

大学によって様々でしょうが、サークルは非常に色々ありますし、選び放題と言えば選び放題です。
もちろん、絶対に経験のあることしかしてはいけないというわけではありません。
未経験でも心からやってみたい、楽しんでみたいということがあれば、新しいチャレンジするのも良いでしょう。
でも、まずは良く知っていること、これまでずっとやってきたことを基礎としてサークル選びをしましょう。

 

話のネタが多ければ多いほど、そのサークルで話し仲間がまず出来るはずです。
話のネタが少ないと、結局はサークルに参加しても、「ぼっち」のまま終ってしまうかも知れません。

 

 

 

・慣れてきたらサークル巡りしよう

 

サークルで友達を作りたいけどどうしたら・・・。誰でもできる友達の作り方

 

最初に主目的のサークルに入ったら、いずれは友達もでき、仲間が増えるでしょう。
かなり慣れてきたところで、二股、三股で入るサークルを探しましょう。
ここで、探すサークルは人数が多く、巨大サークルに限ります。
一番目のサークルは、主要なところですので、大事にしながら時々大サークルにも顔を出して、何となく顔見知りになっておくのです。

 

大学のサークルは「絶対に1つだけ」とは限りませんので、多くのサークルに参加しましょう。
顔見知りにさえなっておけば、ちょっとした何かのキッカケで友達になれる可能性も出てきます。
より多くのキッカケ作りを普段から仕掛けておくことがベストなのです。
大きいサークルでは新入りでも、勝手に入っていっても気づかれないことも多いので、ベースのサークルさえ固めてしまえば、できる限り多くのどうでもいいサークルに出入りしましょう。

 

とにかく、狭く深く付き合う友達と、浅く広く付き合う友達と両方同時に作っていくような仕掛けが大事です。
深い付き合いの友達の作り方は、やはり自分自身が最も興味があり、好きなもので、且つ少人数のサークルに入ることです。
浅く広く付き合う友達は、巨大大人数サークルで、友達ができればいいという程度の意識で参加しましょう。

 

 

 

・本格的過ぎるものは避ける

 

サークルで友達を作りたいけどどうしたら・・・。誰でもできる友達の作り方

 

サークルも色々ですが、ほぼ毎日活動するような本格的過ぎるサークルはNGです。
確かに連帯感は強まりますが、お金や時間がかかり過ぎます。
また、本格的な運動系のサークルだと男女混合でない場合が多いので、限られたメンバーしかいないというデメリットもあります。
また、疲れてしまっては他のサークルを回ったり、会合やコンパにも参加する元気がなくなります。

 

一応は勉強が本分なのですから、それすらも侵すような状態では友達も何もありません。
サークルに入って友達を作るのが目的なので、友達の作り方としてのサークル選びではサークルにどっぷり浸かるのではなく、手段として利用することを考えると体力や時間を多く割くサークルを選ばないことです。

 

一番良いのは、文化系で少人数、興味があるサークルを主体にし、それ以外は遊びにいくことを主体とした大人数サークルを2つ、3つ出入りするのが理想です。
更に言えば、もっと多くのサークルに所属してみて、判断することも1つの手です。
その際に注意するのは、いわゆるキョロ充やDQNと呼ばれる人が多いサークルはすぐに止めましょう。
また、先輩が新人に気を遣ってくれるサークルは残しておき、徐々に絞っていき、消去法で決めるのも良いかも知れません。

 

しかし、覚えておくべきことは、新人は皆サークルに所属して、友達を作りたいと考え、不安を抱えながら来ていると言うことです。

 

 

 

・まとめ

 

いかがでしたか。
今回はサークルでの友達の作り方について説明してきました。
新しい環境では簡単に順応もできなければ、知らない人に話しかけるだけでも中々はばかれるものです。

 

しかし、サークルに入ればカオス状態の大学の中に、ある程度秩序だったコミュニティが出来上がっているので、話しかけやすい状態が完成しています。
その中でも、自分が他者に話しかけやすい状況があるサークルを探して、楽しいサークルライフを送りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

超簡単、好かれる会話術!魅力的な聞き上手になる4つの方法

 

 

 

こちらも必見です。

 

なんでも本音で話し合える友達を28日で3人作ることは果たして本当に可能なのか?