楽しいキャンパスライフを!人見知りの為の大学での友達の作り方まとめ

楽しいキャンパスライフを!人見知りの為の大学での友達の作り方まとめ

楽しいキャンパスライフを!人見知りの為の大学での友達の作り方

 

 

高校生まで友達が多くても、少なくても、大学に入れば地元ではない限り中々友達は見つけにくいものです。
仮に地元であっても、高校生までの友達とはタイムスケジュールも合わなくなってしまい、簡単には昔の様に会えません。

 

また、高校生の頃までの友達を優先したら、キャンパスでは1人ぼっちになってしまいます。
これでは、大学生活を充分楽しむことや、勉強やイベントにおいて助けを得る事も出来ません。
しかし、人見知りの人にとって大学での友達の作り方は簡単ではありません。
そこで今回は、人見知りの人でも大学で友達を作る作り方について解説していきます。

 

 

 

■多くは望まない

 

楽しいキャンパスライフを!人見知りの為の大学での友達の作り方まとめ

 

人見知りの人の大学での友達の作り方は、多くを望まない事です。
これは、人数にも言える事ですが、相手に対する要求においても言える事です。
「まずは1人」と考え、更にその1人に対して大きな期待をかけない事です。

 

人と言うのは不思議なもので、1人と繋がりを持てば、少しずつその知人の輪は広がっていきます。
大学生の場合は、特にその傾向が顕著です。
自分とは全く別種の人間を探すのではなく、なるべく物理的にも近く、趣味嗜好が近い相手を見極めて選択するようにしましょう。

 

 

 

■入学時の最初が肝心

 

楽しいキャンパスライフを!人見知りの為の大学での友達の作り方まとめ

 

人見知りの人の大学での友達の作り方で重要なのは、入学の初期と言えます。
中学や、高校とは違い、大学では宿泊してのオリエンテーションや部活動、サークルの新人歓迎コンパなどがあります。
宿泊してのオリエンテーションは大学にもよりますが、宿泊なしの場合はほとんどがオリエンテーションをします。

 

そこで、他者と知り合うキッカケは実に沢山あります。
人見知りと言う事で中々誰かに話しかけたり出来ないでしょうが、いつかは誰かが話しかけてくるでしょう。
その僅かなチャンスを逃さないように、対応しましょう。
そこで反応するか、しないかで、その後のキャンパスライフは大きく変わってきます。

 

 

 

■身だしなみに気をつけよう

 

楽しいキャンパスライフを!人見知りの為の大学での友達の作り方まとめ

 

人見知りの人の大学での友達の作り方として大切な事は、身だしなみにあります。
もちろん、流行ベタベタの格好をしてもドン引きされますが、高校生の頃までのファッションとは変化を持たせましょう。
また、とにもかくにも清潔感がとても重要です。

 

香水やコロンなどを塗りたくったりせずに、ナチュラルな香りを身につけましょう。
お風呂は必ず入り、出来る限りキレイな印象を与える努力をしましょう。
不潔感のある人は、第一印象で友達候補からアッと言う間に外れてしまいます。
服装も独自性と流行の融合が必要です。
個性を出しながらも、流行に疎くなく敏感である事を見せていくと印象がグっと変わります。

 

 

 

■会話は質問を中心にしよう

 

楽しいキャンパスライフを!人見知りの為の大学での友達の作り方まとめ

 

人見知りの人の大学での友達の作り方として、会話は質問を中心にすると言うものがあります。
人見知りの人の問題は、最初に話しかける事、会話が思い付かない事などが挙げられますが、この内の会話の内容について質問をする事で解決するのです。
人間の心理として、多くの人が自分語りをする事が好きなものです。

 

相手に対して質問をしていれば、相手は常に自分語りが出来ます。
しかも、相手は勝手にあなたを聞き上手と勘違いしてくれます。
更に、自分語りばかりでは申し訳ないと、今度は相手があなたに質問してくるでしょう。
しかし、その場合も、あまり多くは語らずに簡潔に答えましょう。

 

ただ、あまりに素っ気なく答えるのは良くありません。
ある程度、誠意を持ちながらも短めに自分の話は収めましょう。

 

 

 

■サークルや文化祭のイベントなどでは積極的に

 

楽しいキャンパスライフを!人見知りの為の大学での友達の作り方まとめ

 

人見知りの人の大学での友達の作り方としてのポイントは、人と接触しなければならない状況に自分自身を追い込む事です。
サークルや文化祭など、大学の場合は色々なイベントがあるでしょう。
こう言ったイベントの幹事や世話役などをすると、当然のことながら周囲とのコミュニケーションが必要になります。

 

そうなれば自然と人と話す機会も増えて、頼りにもされます。
これは、人見知りであっても、他者との繋がりを持てる大きなチャンスです。
こう言った場合、当然連絡先の交換もしますし、学外でも連絡を取り合う様になります。
そこから自然に友達になれる可能性は高くなるのです。

 

こう言った場合のアドバイスとして、良くあるのがポジティブシンキングになろうとか、積極的に話しかけようなどと言うアドバイスが多いのですが、そもそも人見知りで友達が出来にくいのですから、的外れも良いところです。

 

アドバイスされて積極的に外向的になれるなら、アドバイスはそもそも必要ありません。
人見知りでも、話さなければならない状況、コミュニケーションを取らなければならない状況へと自分を追い込む必要があるのです。

 

イベントの中心的役割を担うのは、そういった状況作りにベストな環境と言えるのです。
時として、そういう無理が必要な場合もあるということを念頭に置きましょう。

 

 

 

 

 

■まとめ

 

いかがでしたか。
今回は人見知りの人がいかにして大学で友達を作るか、その作り方について説明してきました。
人見知りの人は、ポジティブになれ、積極的になれと言っても出来ないから人見知りな訳で、そんな事をいくら考えていてもいつまでも友達は出来ません。

 

結局は、自然と他者と交流を持てる状況下を自分で作っていく事、また無理をしないこと、理想を高く持たない事がとても重要になってくるのです。
ここでのアドバイスを参考にまずは1人、友達を作ってみましょう。

 

 

 

大学でのキャンパスライフを充実させたい!大学での最適な友達の作り方

 

 

 

こちらも必見!

 

【買うべき?】孤独にならないための友達の作り方をレビューしてみた結果・・・