社会人が社外で友達を作る方法とは?

社会人が社外で友達を作る方法とは?

社会人が社外で友達を作る方法とは?

 

 

社会人の友達の作り方として、必ずしも社内で見つくろう必要はありません。
ある意味、人脈は外にあっても大きなメリットになります。
社会人にとっての友達は学生時代の遊び仲間と言う概念とは違い、正に人脈と言えるものである訳です。

 

社会人に人脈は必要ですし、社内で成り上がっていく為にも、メリットのある人脈作りはとても大切な事でもあるのです。
自分自身の知識や見識を広げるためにも、社外に友達を作る事は、多くの人が思っているよりも重要な事なのです。
今回は社会人が社外での友達作りに必要な事について解説していきます。

 

 

 

■社外に友達を作る前に社内で友達作り

 

社会人が社外で友達を作る方法とは?

 

社外の友達の作り方は、まず社内で友達や知人を作りましょう。
いきなり、社外に友達を求めても、恋人を作る事と同じで全くあてがありません。
あてがなく、闇雲に友達を社外に求めても中々簡単にはいきません。
良く商売などでは、1人のお客さんの後ろには10人のお客さんがいると思え、10人のお客さんの後ろには100人のお客さんがいると思えと言います。

 

友達にもそれは同じ事が言え、1人の友達の後ろには10人の友達がいるものです。
社内であれ、社外であってもまずは1人の友達を作る事です。
そして、社外に友達を作るよりは、社内にまず友達を作る方が簡単です。
社内に1人友達が出来れば、その関係性の中から社外に友達を作る事が容易になります。
社外に友達を作りたい時こそ、社内に友達を作る事に目を向けるのです。

 

 

 

■取引先や下請け関連に目を向ける

 

社会人が社外で友達を作る方法とは?

 

社外の友人の作り方では、まず近しいところに目を向ける必要があります。
社会人にとって、一番身近な社外の人は取引先や関連業者、下請けなどです。
こういう類の人達とは、友人云々が関係なくても付き合いはある事でしょう。
最初はお互いに気遣いが必要になるでしょうが、付き合いが長くなれば年齢さえ近ければそれなりの仲になったりします。

 

元々、仕事関連で食事や飲酒は頻繁にしているので、その延長線上で飲食に誘うのはそれほど困難な事ではありません。
重要なのは、そこで仕事中心の話をするのか、個人的な話をし始めるのかの違いだけです。
どちらにせよ、長く勤めていれば、自然と深い仲になっていきます。
複数回、飲食などを重ねていけば、大抵色々なところまで話が及ぶものです。

 

そうなれば、意識的に仲良くしようと思わずとも、ナチュラルに距離は近付きます。
そこで、1人と仲良くなれば、範囲は更に広がっていくものです。
次は2人、次は3人と親しくなる人間が増えていきます。
お互いに仕事の話から始まっても、お酒でも入ってくればそれなりに会社の愚痴なども出てきて、個人的な交際へと進んでいきます。

 

そこから、お互いにプライベートな連絡先の交換をし、プライベートでも連絡を取り合う仲になれば、スッカリ社外の友人へと変貌していきます。
友人として、こう言った類の人と付き合う事は、仕事の面でも大きなメリットに変わっていく部分もあります。
取引先や、下請け会社からのあなたへの評価も自然と高まります。
つまり、公私共にメリットがあるのが、取引先や下請け業者との個人的交際なのです。

 

 

 

■趣味での交友を広げる

 

社会人が社外で友達を作る方法とは?

 

社外での友人の作り方で有効なのは、趣味を多く持つ事です。
趣味の範囲を広げれば、交友関係も比例して広がります。
重要な事は、自分自身が色々な事に興味を持ち、趣味を広く持つ事なのです。
特に、1人で完結するものではなく、最低でも2人で行う趣味を持ちましょう。

 

趣味を共有する事は、最も親しくなれる方法とも言えます。
余暇を利用しなくても、簡単に共有出来るものが理想的です。
自分自身が、その趣味に詳しくなくても、興味のある事があれば、どんどん他者に訊ねていくのも1つの手です。

 

大抵の人間は教え魔です。
相手は、自分の興味がある事について教えて欲しいと言えば、気分は悪くないでしょう。
むしろ、気分が良くなるものです。
趣味と言うものは、本人にとってアンデンティティとも言え、それについて興味を持ち、教えを乞う事は、正に本人を崇めているにも近い感覚があります。

 

趣味嗜好が近いと感じるのは、人にとってある種の絆を感じます。
更に語り合う事も、それほど考えずにネタがあふれてきますので、苦労がありません。
人間関係とは、苦痛が伴わない事が一番重要になります。
ナチュラルに過ごしていられる事が人間関係には大切です。

 

趣味によっては、そのまま一生の友人でいられる場合も少なくありません。
更に、趣味が同じであれば社外であれ。社内であれ、友人を作る事が出来るのです。
大切な事は、自分自身も強く興味を持つ事です。

 

 

 

 

 

■まとめ

 

いかがでしたか。
今回は社外での友人の作り方について説明してきました。
社外であっても、社内であっても、友人の作り方に大きな違いはありません。
社外で友人を作る場合でも、決して闇雲に外をうろついて友人を作る訳ではありません。
結果として、身近なところから始めて、友人の輪を広げていくだけです。
つまり、それほど特別な事をしなければ友人が出来ないと言う事はないのです。
ここでのアドバイスを参考に、早速明日から実践してみましょう。

 

 

 

一歩踏み込む!社会人の親友の作り方

 

 

 

こちらも必見です。

 

なんでも本音で話し合える友達を28日で3人作ることは果たして本当に可能なのか?