孤独にサヨナラ!ぼっちでも簡単にできる友達の作り方

孤独にサヨナラ!ぼっちでも簡単にできる友達の作り方

ぼっちでもできる友達の作り方

 

 

現代では「ぼっち」と言う言葉があります。
これは友達も恋人もいなくて「1人“ぼっち”」の「ぼっち」からきているものです。
今の世相は、ニートや引きこもり、フリーターなど、若い人たちのライフスタイルそのものが変わってきています。

 

「ぼっち」と聞くと、一見可哀想な人の様に感じるかも知れませんが、好きこのんで人と関わらない人は意外と多いのです。
他者に合わすのが嫌い、自分の勝手に時
かんがえられます間を過ごしたい、裏切られたり、バカにされたくないなど、様々な理由であえて「ぼっち」でいる人は少なくないのです。

 

単純に1人が好きと言う人もいます。
また、人間嫌いの人もいます。
「ぼっち」だから、可哀想、惨め、寂しそうなどと思って気をかけてあげると、迷惑がられる場合もあるのです。

 

現代は、「ぼっち」であっても、全く問題のない時代になっているのです。
人と交流をもたなくても、ネットさえあれば楽しめますし、時間も消化できます。
また、ネットでの匿名関係ならいくらでも人間関係を築けますし、わざわざ現実社会で煩わしく人付き合いや友達付き合いをしなくても何の問題もなくなってしまっているのです。

 

ですが、「ぼっち」の全てが自ら望んで「ぼっち」になっているわけではありません。
中には、友達が作れなくて、止むを得なく1人でいる場合も少なくないケースなのです。
この場合は、あがり症や、自閉症に近い部分を持っている人達とも言えます。
対人恐怖症と言う場合も充分考えられます。

 

とは言え、治療が必要と言うほどのものではなく、自分で克服できる程度のものです。
それでも、自分からは中々他人に積極的に近づいていくことが出来ない人たちであることは間違いありません。
また、そういうことは一切ないけれども結局「ぼっち」になってしまっている人は単純に人に嫌われる性質を持っていると言うことです。
そこで、今回はぼっちの友達の作り方について解説していきます。

 

 

 

・まずは自分の本性を客観的に見よう

 

孤独にサヨナラ!ぼっちでも簡単にできる友達の作り方

 

「ぼっち」になってしまう人の特徴として、表向きは自信がなさげなのですが、実は自尊心が高いケースがほとんどです。
「ぼっち」を克服するためには、まずはそんな部分も含めた自分と言う人間の本性を、飽くまで客観的に見ていく必要があります。

 

「ぼっち」であることには必ず理由があるはずなのです。
自ら望んでそうなっていたとしても、実はそこへ至る原因が必ずあるのです。
その謎は、外にはありません。
必ず自分自身の内側、つまり心に問題があるのです。

 

傷付くことを恐れているのも、結局はプライドが高い故なのです。
変なプライドを持っていない人は、傷付くことを恐れないばかりか、同じことでは傷付かないものです。
自分自身に根拠のないプライドを持っている人ほど、傷付きやすく、壊れやすいものなのです。

 

友達を作ろうと考えるなら、まずはその意味のないプライドを捨て去ることです。
そして、もっともっと深く自分のことを知っていきましょう。
己を知らずして、他者と向き合うことは到底無理な話なのです。
自分も、他者も本来大した違いはないものです。

 

 

 

・仲間を見つけよう

 

孤独にサヨナラ!ぼっちでも簡単にできる友達の作り方

 

中々難しい事かも知れませんが、ぼっちの友達の作り方として、出来る限り自分と同じ人種、いわゆる「ぼっち」かそれになりかけている人を見つけましょう。
いきなり全く違う人種の人をターゲットにしても、ハードルが高過ぎますし、所詮気が合わないので、長続きはしません。

 

やはり、気持ちや精神性を分かち合えるような相手と友達になるのが一番ですから、出来る限り目立たず、大人しく、あまり話している姿も見たことがないような人を探して、こちらから声をかけていきましょう。

 

出来る限り、トーンを落とし気味で、押しつけがましくなく、静かに話しかけていきます。
自分と似たタイプなのですから、自分だったら、どんな風に声をかけてきたら応じるか、気分を害さないか、また用心もされないかが判るはずです。
その通りに、常に「自分だったら」と言うことをベースに話をしていきましょう。

 

似た者同志の場合、相手がどうされたいか、どうされたくないかはおおよその見当がつくのは大きなアドバンテージです。
あまり、ずかずか相手の領域に入っていくのではなく、少しずつ交流していきましょう。

 

ずっと「ぼっち」でいた者同志ですから、共通の趣味も探っていけば1つくらいはあることでしょう。
しばらく、様子見をしながら、共通の話題を見つけていき、それが見つかれば恐らく話も弾むはずです。

 

 

 

・まとめ

 

いかがでしたか。
今回は「ぼっち」の友達の作り方をご紹介してきました。
「ぼっち」になってしまうのには色々な理由があります。
自分から進んで「ぼっち」を選択する人、何らかの問題があって「ぼっち」になってしまう人。

 

しかし、いずれにせよ、社会生活を送る上ではいつまでも他人との交流を避け続ける訳にはいきません。
やがては人と交流することを覚えていかなくてはならないのです。
ですが、どうせ交流を考えるなら、友達も作る方がずっと良いのではないでしょうか。
気安い関係の人との交際の中から、徐々に人付き合いを学んでいきましょう。

 

 

 

今やネット時代!オフ会での友達の作り方とは

 

 

 

こちらも必見!

 

【買うべき?】孤独にならないための友達の作り方をレビューしてみた結果・・・