フリーターだって友達が欲しい!フリーターの友達の作り方

フリーターだって友達が欲しい!フリーターの友達の作り方

フリーターだって友達が欲しい!フリーターの友達の作り方

 

 

現代は就職氷河期の時代です。
就職したくても、中々就職できない人もいれば、やりたいことが見つからずに敢えて就職しない人、ランクアップで正社員になろうとしている人、理由は人それぞれですが、フリーターと言う生き方は現代社会では非常に多いと言えます。

 

企業側も基本的に人件費を抑えたいので、パート、アルバイト、派遣などを積極的に使い、正社員を雇おうとしません。
フリーターはニートとは違い、基本的にはどんな形であれ仕事をしており、収入もある人です。
当然、ひきこもっているのではないので金銭的には多少なりとも余裕はある人たちです。

 

仮にフリーターであっても、職場には行っているので、人との交流はないわけではありません。
ですが、意外と職場は、立場ごとに交友関係が形成されていますので、同じフリーター意外とは中々親しくなることは難しいと言えます。
好きでフリーターをしている人も、止むを得なくフリーターをしている人も、こうして立場が違う人間とは一線を画すしかないのです。

 

世の中には、フリーターと友達になっても利点がないと、避けられがちですし、実際その後どういう人生を歩んでいくか、いずれ決めなければ人生は詰んでしまいます。
確かに相手にとって利点はなくても、フリーター側には友達や知人は利点のある人たちです。
また、フリーターにはある程度時間の余裕があるので、友達や知人を作らないと人生の時間を無駄に浪費することになります。

 

そういった点も含めて、フリーターが友達や知人を作ることは極めて重要なことです。
自分自身の人生のステップアップのためにも、また人生を楽しむためにも、友達や知人はしっかり作っておくべきです。
もちろん、1人で色々な知識を吸収したい、勉強したい、そんな人にとっては別ですが、そんな人は滅多にいないことでしょう。

 

友達や知人がいても勉強はできますし、知識もえられます。
むしろ、その方が世界も広がります。
今回はそんなフリーターの人の友達の作り方を解説していきます。

 

 

 

・契約スタッフで単発の仕事をやろう

 

フリーターだって友達が欲しい!フリーターの友達の作り方

 

契約スタッフになるのは、フリーターの友達の作り方の有効な手段の1つです。
フリーターの形態と言っても実に様々です。
ですが、友達や知人を作るという観点で考えれば、契約スタッフで単発の仕事をやりましょう。
長期の仕事でも良いのですが、そうすると人に会う機会はかなり減ります。
短期や単発、特に日雇い的な業務の場合は、その都度組み合わせが違ったりしますので、圧倒的に出会える人間の数が増えます。

 

そうなれば、当然友達や知人が出来る可能性は限りなく広がります。
年齢層も豊かですし、立場も色々です。
しかし、全く同じ立場にいて、同じ悩みを持つ同志にも沢山いるのです。
毎回、組む相手が仕事によって違ってくることは、それだけチャンスが広がることに他なりません。

 

副業でやっている人もいますので、仲良くなる人によっては上手く就職口が見つかったり、仲良くなった相手と事業を興したりする事さえ可能なケースもあります。
仲良くなるためには積極的に自分から声をかけていく必要があります。
話す時間はいくらでもあるでしょうし、仕事自体は単発で時間的に短いケースも多いので、仕事後に飲みにも誘い易い仕事なのです。

 

 

 

・ボランティアなどに積極的に参加しよう

 

フリーターだって友達が欲しい!フリーターの友達の作り方

 

フリーターの人の友達の作り方として、余暇を利用してボランティアに参加するという方法があります。
ボランティアは、簡単なものから大変なものまで、実に多くのものが日々あります。
意外にも年齢層は幅広く、若い人もかなりの数存在します。

 

色々なボランティアに参加すれば、それだけ友達ができる幅が広がります。
また、ボランティアに参加する様な人達だけに協調性があり、友好的な人が多いでしょうから、友達になりやすいという利点もあります。
共同で行う仕事を通して同志としての心も目覚めるでしょう。

 

更に、社会的な評価も上がりますし、これまで見たことがないことや、経験したことがないことを見ることができ、世界を広げることができます。
本格的に就職する際にもボランティアは優位に働きます。
また、人を助けよう、なにごとも他人事ではないことを頭に入れておこうと言う人達と知り合うのはまたとないチャンスです。
そういう人達と友達になることはメリットが多いことでしょう。

 

 

 

 

 

・フリーター同志で仲良くなろう

 

フリーターだって友達が欲しい!フリーターの友達の作り方

 

当たり前と言えば、当たり前ですが、職場でフリーター同志仲良くなりましょう。
しばらくは慣れ慣れしくせずに、世間話程度で相手を観察しましょう。
相手の趣味嗜好や、相手が求める友達像というものを理解しましょう。
もちろん、基本としてフリーターが多い職場を選ぶことは必須ですし、年齢層も近い人がいるであろうバイト先を選択する必要があります。

 

ほとんどが、パートやバイトでまかなっている会社もありますので、そういうところをシッカリ下調べして、見極めてから応募しましょう。
バイトをするようになったら、今度は好感を持たれるようにしましょう。
好感を持たれるためには、多少都合の良い人と思われても、シフトの交代をしてあげたり、率先して嫌な仕事をするようにします。

 

かと言って、ただひたすら「真面目な人」と言うだけでは、むしろ迷惑がられます。
ここは微妙なさじ加減が必要な部分になるので、上手に立ち回りましょう。
しばらく観察して、趣味嗜好が比較的合う人、そして自分と同じように友達の少ない人をターゲットに段階を得て話しかけたり、遊びに誘ったりしましょう。

 

 

 

・まとめ

 

いかがでしたか。
今回は、フリーターの友達の作り方について説明してきました。
何らかの理由でフリーターをしている人、好きでフリーターをしている人、就職できなくてフリーターをしている人、フリーターをしている人は、それぞれに思いはあるでしょう。しかし、同じフリーター同志、悩みは似たり寄ったりです。

 

お互いに励まし合って力になれるような関係性を築きましょう。

 

 

 

友達の作り方、話しかけ方はどうすればいいの?